以前からコンプレックスに感じていた眼鏡が、レーシック手術によりまして不要になりまやったことでもっとも満足しているのです。

 

私は小学校低学年の頃から視力が悪くなり、眼鏡を掛けるようになってしまいました。

 

同級生は皆視力が良くなったので、仲間外れにされましたような感覚が嫌だった。

 

中学生になると、眼鏡を掛けている方を見かけるようになり、若干安心した気持ちもあったのだったが、私は眼鏡を掛けている自分がどうしても好きになれません。

 

もちろん掛けていた眼鏡のデザインは格好良いとは言えませんが、起床して早々に眼鏡を掛けないそしたら物は見えません。

 

24時間の中で入浴と睡眠以外の時間、全て眼鏡に頼る生活は、非常にストレスに感じていたんです。

 

そうした私も高校生になり、気に触る方が現れます。

 

その方は同学年で別のクラスだったのですけど、友人伝手に連絡先を入手します。

 

暫くはメールで遣り取りを継続してましたところ、相手から休日に遊ぼうと誘われまして、一度は約束してしまったのですが、直前になりまして断ってしまったのです。

 

原因は眼鏡が嫌なこともあって、ぼくの見た目に全く自信が持てないでしたからだ。

 

こいつをきっかけに連絡をするのは無くなりました。

 

高校時代は結果的恋をするだけは無く、これと言って楽しい思い出はないです。

 

それほどでも大学生となりましたことで、変わりたいと思っておりました。

 

それには眼鏡を外したかったので、前々から気になっていたレーシック手術を行われたのです。

 

まずはカウンセリングや眼が手術に合ってるかの検査から始まりました。

 

幸い検査結果は良好で、手術は可能です。

 

この事前適応検査によってレーシック手術が受けられる人と受けられない人が決まります。

 

眼の手術ですので不安もあったが、カウンセリングがあったことで解消出来ました。

 

レーシック手術受けましてからは、眼鏡が不要になり、性格が明るくなりました。

 

またお洒落をすることも増えまして、異性についても物怖じしないようになり、現在お付き合いしてる方がいます。

 

レーシック手術を受けたことで、新しい人生が始まりました。