私は随分前からレーシック手術を受けましてみたいと考えていたんですけど、今回、思い切って手術を受けてみました。

 

術後1年が経ちましたが、現在では視力がすっかり回復して手術を受けて良かったと考えております。

 

私が手術を受けることを躊躇してました理由は、手術を受けてから20年後、30年後にどうなっているのかとっても心配だったからだ。

 

レーシックの合併症もあるそうなっているので、それも思ってしまいましたとしてまいした。

 

私は今年で31才なので老眼の心配はまだ先の話ですが、20年後、30年後となった時に、やはり手術を受けるのではないでしたと後悔したくなかったので、完全に安心出来ると確信してから手術を受けようと思おりました。

 

最初に、私がした事は、インターネットのクチコミサイトなどで、実際に手術を受けられました方の体験談を一読してみることですのです。

 

実際に手術を受けられた方の声が一番信頼出来ると思いましてしまったので、あらゆる人の体験談を片っ端から読んでみました。

 

体験談のまったくは手術は成功して、手術を受けて本当に良かったというかんじだったので安心してたが、中には手術を受けるのではなかったと後悔しているみようかな方の体験談もあったのだった。

 

そしました否定的な体験談も含みまして読んで見た結果、レーシック手術は安全で、20年後、30年後でも大丈夫なんだと思えるようになってきた。

 

もし将来、老眼になったとしましても、その場になれば老眼鏡をかけたらいいだけですし、今は医療がつぎつぎ進歩しているので、20年後、30年後になったら、もっと画期的な治療法が生まれるかもですので、医療の進歩に期待しましょうとも思おりました。

 

私はレーシック手術を受けることを決意し、口コミサイトで評判の良かった眼科に行って手術を受けました。

 

手術前のカウンセリングで先生が話をするのは、今までいろいろ調べてきた基礎知識があったので、とってもよく理解することの方ができた。

 

レーシック手術は、角膜の表面の3分の1程度の部位を、マイクロケラトームと呼びます特殊な器械を使って切開し、フラップを形成します。